中学生が贈る人気の父の日プレゼントはコレ!おすすめランキング

父の日

毎年6月の第3日曜日に祝われる「父の日」。

中学生になってから、勉強や部活に忙しくなって、最近お父さんと全然話してない・・・そんな人も多いのでは?

今回は、1年に1度の父の日に贈りたいおすすめギフトの中でも、中学生からお父さんによく贈られている人気のプレゼントをランキング形式でご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

【1】中学生が父の日にあげるプレゼントの平均予算は?

まず最初に、一般的に中学生がお父さんにあげるプレゼントの予算はどれくらいなのでしょうか?

おこずかいの金額などによっても変わるとは思いますが、平均として500~1,500円くらいの予算でプレゼントを用意している人が多いようです。

さらに、アイディア次第では1,500円以内はもちろん、実質お金をかけなくてもお父さんが喜ぶプレゼントはたくさん。

この記事では、お金をかけずにお父さんを喜ばせるプレゼント、手作りプレゼント、予算1,500円以内で買えるプレゼントのランキングを見ていきましょう。

【2】お金をかけなくても気持ちが伝わる人気プレゼントTOP3

お金を一銭も使わずにお父さんを大喜びさせるプレゼントです。ちょっと気恥ずかしいかもしれないけど、毎日家族のために仕事や家事をがんばるお父さんを感動させてあげましょう。

第3位:肩たたき券

お父さんの体を労わりつつ、肩たたきをしながらコミュニケーションがとれるので、お父さんは大喜び。

メモ帳やノートの切れ端を使って、【肩たたき券】と書いて渡すだけでOK。

小さい頃によくお父さんと遊んで肩もみしてあげた記憶があるなら特におすすめです。お父さんも昔に戻って感動すること間違いナシ!

第2位:1日言うことを聞く

お父さんが言うこと、何でも反発していませんか?いつもガミガミうるさいお父さんがウザい。そんな風に感じてケンカもするけど、やっぱりかけがえのないお父さんは憎みきれないものです。

父の日には、自分が一歩大人になって、お父さんの言うことをしっかり聞く日にしてみませんか?

「父の日だから今日だけは言うこと聞いてあげてもいいよ」とお父さんに直接言ってもいいし、あえて何も言わずに1日だけ人が変わったかのように良い子にしてみてもいいです。

いつもうるさいと思っていたお父さんの意見に、無理やりにでも耳を傾けることによって、お父さんとの関係も変化する・・・かも!?

第1位:手紙

定番中の定番・手紙。しかも、毎日顔を合わせているお父さんに手紙を書くのは結構恥ずかしいですよね。

長文の手紙を書く必要はないですが、「いつもありがとう」や「お仕事お疲れ様」などの一言だけでも、お父さんにとっては本当に宝物になるはずです。

特に最近家の中でもあまりお父さんとコミュニケーションをとっていないと感じるなら、短文でもいいのでお手紙を渡してみましょう。

父の日用の市販のカードも多く売られているので、そこに手書きにメッセージを入れて渡すのもいいですね。

スポンサードリンク

【3】今どきはDIYが主流!人気の手作りプレゼントTOP5

続いて、最近はDIY(ディーアイワイ:Do It Yourself:自分でやってみる)が流行っているので、父の日のプレゼントも手作りが大人気!

中学生からお父さんに贈っている人気の手作りギフトを見ていきましょう。

第5位:ミサンガ

  • 予算:¥300~

お守りとして、子どもから大人まで人気のミサンガ。友達同士でもミサンガをつくったことがあるなら、お父さんにも手作りでプレゼントしましょう。

お父さんの好きな色を選んで、編み込んでいけば、簡単に何個も作ることができます。

お父さんが日々身に付けられるプレゼントというのは嬉しいですよね。(腕がダメでも足に付けられるので便利)

第4位:ワッペン付け


[出典:http://item.rakuten.co.jp/blaze-japan/fuku-ct-680-001/]

  • 予算:~¥700

裁縫の授業が好きな人には、アイロンと裁縫道具を使ってワッペンを付けて、オリジナルの衣類や雑貨を作りましょう。

ワッペンだけ購入して、お父さんのジーパンや帽子にワッペンをつけてあげれば、お金をかけずにオリジナルアイテムが作れます。

画像のようなヴィンテージデザインはどんなファッション雑貨にも合わせやすくカッコよくておすすめ。

裁縫の練習にもなるし、ちゃっかり自分の分も作れちゃうので、楽しんでギフト作りができるでしょう。

第3位:陶芸品

  • 予算:¥3,000

手作りといえども、体験料金がかかるのでお母さんと要相談ではありますが、本格的な手作りプレゼントを贈りたいなら、陶芸品がおすすめ。

陶芸体験ができるところは全国にあるので、せっかくならお父さんが一生使える食器などを手作りしましょう。

ろくろを回しながら形を整えたり、色付けしたりと、これを機に陶芸に一気にハマるかもしれません。

お父さんへのプレゼントとしてだけでなく、自分が楽しみながら作れるのがポイントです。

第2位:手作りお菓子

手作りの定番といえばお菓子。シンプルな材料で簡単においしくつくれるお菓子がたくさんあるので、面倒くさがらずに是非お父さんにもお菓子をつくってあげましょう。

画像はとってもユニークなスイーツ。見た目はどうみてもビールですが、実はりんごゼリー。

材料はリンゴジュースとゼラチンだけで、簡単にできちゃいます!

➡️ビールりんごゼリーの詳しいレシピはこちら!
父の日の手作りお菓子をもっと詳しく知りたい?

第1位:手作りご飯 / お弁当

家族で楽しく父の日ランチ / ディナーを楽しみましょう。普段料理をつくらないなら尚更、お父さんをビックリさせることができるはず!

中学生になって一人前に料理をつくれるようになったんだ!とお父さんをぎゃふんと感心させましょう。

兄弟姉妹で集まってみんなで楽しくつくるなら、ちらし寿司やピザ、カレーがおすすめ。お酒好きのお父さんには、おつまみにピッタリの手羽先やチーズなどが好評ですよ。

どれもオイシイのにとっても簡単です。

家族みんなで簡単につくれる父の日ご飯
お酒好きのお父さんが喜ぶおつまみ系

【4】1,500円以内で買えるコスパ◎なプレゼントTOP5

最後は、父の日にお父さんに買いたい人気のプレゼント。父の日の平均予算500~1,500円以内で買える、おすすめのアイテムTOP5です。

第5位:花束・ブーケ

  • 予算:¥1,000

普段お花を贈る機会なんて少ないのでは?お父さんからしても我が子から花束をもらえる機会なんてなかなかないので、きっと感動してくれるでしょう。

父の日ギフトの定番の花は黄色いバラやヒマワリ。元気の出るイエローカラーの花束を贈りましょう。

➡父の日の花ギフトをもっと知りたい?
父の日のプレゼントに人気のお花12選!定番&おすすめの種類や花言葉も

第4位:薬用入浴剤


薬用入浴剤 秘湯の旅12P

  • 予算:¥659

朝から晩まで仕事で忙しいお父さんに、疲れを癒すアイテムと言えば、いつものお風呂を贅沢に感じさせてくれる入浴剤。

日本の名湯をイメージした薬用入浴剤は、秘湯を旅する気分を味わえます。

入浴剤の種類や金額は、Amazonや楽天市場などの通販サイトで探してみると、セットでも安く手に入りますよ。

第3位:ミリタリーシンプル無地キャップ


ONE LIMITATION ミリタリー シンプル 無地 キャップ

  • 予算:¥860

お父さんのファッションセンスが気になるなら、この先夏のお出かけにピッタリのキャップ帽をプレゼント。

野球帽よりも、一段とオシャレに見えるのがミリタリーキャップ。頭のてっぺんの部分が平らになっていて、キャップ帽に比べてスポーティーになりすぎないのが特徴。

帽子好きなお父さんにはもちろん、あまり帽子を被らないお父さんにこそあげたら喜んで使ってくれるかもしれません。

第2位:ツボ刺激ビーサン Souls(ソウルズ)


オーストラリアの足つぼ刺激ビーサン Souls [ソウルズ]

  • 予算:¥1,470

世界初の画期的マッサージ・ビーチサンダルとして話題になっている「足ツボ刺激ビーチサンダル」。ボコボコのソールによる適度な刺激が足のツボに効きます。

足ツボマッサージが好きなお父さん、最近足が疲れ気味のお父さんの夏のお出かけにピッタリです。

予算は¥1,500ギリギリですが、こんなにオシャレな健康サンダルはなかなかありません。

第1位:ステンレス マグカップ


保温 保冷 ステンレス マグカップ フタ付き

  • 予算:¥540

定番ではあるものの、予算的にも実用性的にも父の日ギフトにぴったりなのがマグカップ。

特に保温・保冷機能のあるステンレスマグカップは普段使いにはもちろん、アウトドアにもピッタリ!パッキン付きでこぼれないフタ付きなので、キャンプやハイキングの時などにも重宝するでしょう。

ステンレスマグは1つあるとホットドリンク用にもコールドドリンク用にも便利なのでおすすめです。

スポンサードリンク

まとめ

以上、中学生からお父さんによく贈られている人気のプレゼントをランキング形式でご紹介しました。

お父さんはうるさい、うざい、話したくない、そんな風に感じ始める中学生。でも、大好きな我が子に厳しくするのは、子どもを大切に想うからこそなのです。

普段はケンカばかりだとしても、1年に1回の父の日くらいは、お父さんの気分を良くしてあげましょう。

家族の絆がさらに深くなるように、父の日のプレゼント選びの参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク